キューバ

※キューバ旅行記2018はこちら

※キューバ旅行記2017はこちら

革命や音楽に対する興味から、以前から行ってみたいと思っていた国。アメリカとの国交回復で大きく変わってしまう前にと、2016年夏に初訪問。パリからハバナまでは直行便で10時間ほど。8月ー9月の滞在だったが非常に高温多湿で、東京の真夏と同じくらい暑かった。
滞在先は首都ハバナと古都トリニダー、東にあるサンティアゴ・デ・クーバ。油彩が描きたかったが現地でオイル類が手に入るとは思えず、水彩絵具一式を持ち込んで制作とした。

 

ハバナ(La Habana/Havana)

 

ハバナ(La Habana/Havana)は500年ほどの歴史を持つキューバの首都。街は古く汚れてところどころ崩れたりもしているが、そのたたずまい、色彩は実に美しい。少しマラケシュに似ているなとも思ったが、一番の違いは人々が酒を飲むことと薄着であることである。キューバ人は明るく人懐こい。描いていると「そこは事故が多いから危ないよ」とか「うちの屋上からの眺めは最高だから上がって描け!」など親切心まる出しで接してくる。

 

 

宿は特に決めず、ホテルとカーサ・パルティクラル(民泊)を泊まり歩いた。大抵の部屋にはコロニアル建築のバルコニーがついており、そこから通りを見下ろす構図で何枚も描ける。

 

通りは多くの人々で溢れ、とにかく賑やかだ(夜中まで騒いでいてちょっと困ったが)。じっとしている人を上からクロッキーするのも面白い。

 

ハバナは道が魅力的だ。ビエハ地区は細い道が多く、セントロ・アバーナ地区は大通りが多い。道端に座って描くともちろん大勢の人に囲まれるが、あまり気にしないようにして制作。

 

スペイン統治時代の建物がそのまま現役で使われている。カラフルな洗濯物が窓辺を彩り、絵にしたい気持ちにさせてくれる。

 

ハバナの北にはマレコン大通りがあり、外洋が見渡せる。晴れていると海の色も鮮烈だ。

 

ハバナ湾を渡し船で対岸に渡ると、小高い丘から街を一望することができる。写真はカサブランカ地区から旧国会議事堂(カピトリオ)方面を見ながら描いているところ。

 

キューバといえばクラシックカー。それほど車好きではないが、それでも走っている姿にはハッとさせられる。丁寧に使われており、よく数人で手入れをしている光景を見かける。エンジンや各パーツ類は韓国製などに入れ替わっているらしい。

 

革命広場(Plaza de la revolucion)。キューバ内務省の壁面に施されたチェ・ゲバラの立体肖像画。革命家たちは観光客にも地元民にも人気が高く、90歳を迎えたばかりのフィデル・カストロを祝う落書きがあちこちに見られた(2016年11月に死去)。

 

目次に戻る

 

トリニダー(Trinidad)

 

ハバナからバスで5〜6時間ほどで行けるトリニダー(Trinidad)の町を訪れてみた。こぢんまりとしたところで、人々も街全体ものんびりとした印象だ。

  

平屋建ての建物が実にカラフルで、情景自体が色面構成のよう。一見絵画的だが、固有色が強くて絵にするのは逆に難しい。

 

マヨール広場のあたりから。海・石畳・クラシックカー・ヤシの木・青い空・・・いかにもキューバといった情景。

 

 

舗装もされていない道を登っていくと、少し町を見渡せるポイントがあった。遠くにカリブ海も見える。革命博物館の塔を入れた構図で。

 

世界遺産ロス・インヘニオス渓谷。町外れから見渡せるポイントがある。息をのむ絶景だ。何枚描いてもこのスケール感には及ばない。

 

バスを降りるとカーサ・パルティクラル(民泊)の客引きに取り囲まれる。猛烈なアタックの中、写真でバルコニーからの眺めが一番良さそうだったスレイカの宿に泊まることに。

 

バルコニーからの眺めもハバナにくらべてのんびりしている。

 

目次に戻る

 

サンティアゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)

サンティアゴ・デ・クーバはキューバ第2の都市。ハバナからはバスで14時間とかなり離れているが、苦労して行く価値はある。坂道が多く起伏の多い町は様々な表情を見せる。

親切なキューバ人の家の屋上から描かせてもらった。下り坂とサン・フランシスコ教会やその向こうのサンティアゴ湾、遠くにはシエラ・マエストラ山脈が見える。

宿泊したCASAのバルコニーから。CASAを選ぶ基準はなんといっても見晴らしのいいバルコニーや屋上がついているかどうか、だ。

パードレ・ピコの階段から道を描く。階段に腰掛けて描くメリットは、後ろから車が来ることがないので、焦らず落ち着いて描けることである。

有名なCasa de la Trovaで。レゲトンがガンガンかかっているハバナに比べ、サンティアゴ・デ・クーバはソンやルンバなど、トラディショナルなキューバ音楽を多く耳にするような気がした。

サンティアゴ・デ・クーバから20キロほどの距離にあるエル・コブレの村。ヘミングウェイの小説にも登場する。村の路地から教会を見上げながら描いた。

目次に戻る