パリ郊外の大型画材店

パリ滞在中、よく画材を買いに行く店の紹介です。

marin BEAUX ARTS(マラン・ボザール)

marinは1947年から続く画材店。パリ郊外のアルクイユ市(Arcueil)にあります。14区のオルレアン門(Porte d’Orléans)から車で10分ほど。

大きな絵の具の看板が目印です。

入ってすぐはイーゼル売り場になっています。

その奥は木枠売り場です。全て組んだ状態で売られています。日本では見ないサイズ(1号や5号)のほか、規格すらない9号も扱っています。また50×50cmや100×200cmなどの変形サイズも豊富です。

    

2階は絵の具・顔料・メディウム・筆・画布などが売っています。最近はアクリル絵の具の売り場が拡大されているようです。油絵の具では、ニュートン、レンブラント、ルフラン、marinオリジナル絵の具の扱いがあります。

右奥がロールキャンバス売り場です。麻(超細目〜超粗目)・コットン・ポリエステル・混紡素材に加え、油性下地・吸収性/半吸収性・ユニバーサル(アクリル系下地)・有色・グルーキャンバスなどが売られています。

2階の奥は額縁コーナーになっています。

左の4本がmarinオリジナル絵の具(カドミウム黄・オレンジ・赤、コバルト紫)です。通常サイズが60mlで、いわゆる9号チューブより1.5倍多いです。今ではあまり見かけなくなったアルミ製のチューブに入って売られています。サイズも豊富で、最大は2500ml(缶入り)です。